ご訪問ありがとうございます
-ティンガティンガ原画輸入販売サイト-
面白い動物や人間たちの原画は、喫茶店、
レストラン、ホテル等に最高のインテリアです。
ジャンボ!

ご覧下さい! ザンジバーのハシムによる作品 ザンジバルの版画家! リランガの作品!
編集後記(目次)
>>HOME / NEXT
広くティンガティンガを日本の皆様に
No.1〜No.48
---------------------------

編集後記を目次にしました。
主にお客様との対応内容を掲載する目的で始めました。
今では、更新日記もここに表すようになってしまったり…色々です。

現在は38ページとなり、ようやくコンテンツ(目次)を整理することになったのです。今後ともよろしくお願い致します。m(__)m

1.原画「鳥の舞」をオークションで落札、額装レベルなどは…
2.「笑うガゼルと仲間たち」発送終了のお知らせ…
3.「タンザニアの群生魚」、大塚家具のティンガティンガ展示会場
4.「一番好きな絵は…レインボーキャンディです。」
5.「うちは、主人の趣味でアマゾンなどに生息する魚を飼っています。」
6.セネガルで研究する学生、ベトナム雑貨店にガラス絵を… 
7.世界最年少で世界7大陸最高峰を制覇した東大3年生
8.「ティンガティンガの絵は伊勢のマコンデ美術館ではじめてみました。」
9.「アンボセリ国立公園のロッジに泊まった時、おみやげ屋さんに…」
10.「額屋は私には敷居が高かったのでジョイフル本田で購入…」

…ティンガティンガは原色、デフォルメされた動物たち人間たちシェタニたちが描かれた世界です。
アフリカは、東アフリカ、西インド洋に面したタンザニアが発祥の地です。キリマンジャロ、野生の王国、マサイの人々、青い宝石タンザナイト…そして、彼らの絵が何よりも素敵です。

11.筆の里工房で「ティンガティンガ村の画家たち」展開催2002年
12.「ジミー大西展を見に来たのですが…何処かジミーさんの絵と」
13.「もっとPRした方が…こんな素晴らしいものを子供達にも…」
14.「TVでティンガティンガが亡くなられた後の村の様子のドキュ…」
15.「何年か前に、トヨタ自動車のカレンダーで…」
16.この内容は2002年10月1日(火)の中国新聞朝刊に掲載されました。
17.「何処からか歌声が聞こえてきた…大きな木を削っていました。」
18.「ベンツ・ワーゲンが多かった!」
19.「新宿のOZONEで、ティンガティンガ派の絵の展示会を…」
20.「33万円の品が闇レートだと…約14万円で購入できます。」

---------------------------★

彼らは無性に絵を描く事が大好きです。
キャンバスに向う姿は、無心です…
ただ黙々と描きつづけます。
ティンガティンガ村は、そんな絵の好きな仲間が集まった場所なのです。

21.「大阪梅田の…創作料理レストランで出会いました。」
22.「グッドモーニング」と言って出て来ました!《緊急事態》です。
23.「キリマンジャロが描かれているのが…欲しいなと思っていた…」
24.「選ばれた美人マサイ」、とっても…キレイな絵で大満足です! 
25.筆の里工房会場、2003年再び開催「絵を描いた人に会ってみたい。」
26.「もっともっと宣伝するべきだ。」画家ジョナスが好き。
27.「芸術の家(ニャンバ・ヤ・サーナ)」の教師養成プロジェクト
28.「色々な画家の作品を一度に見る機会はめったにない…」
29.「入った瞬間、あ、カワイイ!と思いました。」
30.「何とも言えない、いやしがある。」

---------------------------
タンザニアへの援助を競っている二つの国があります。
それは日本と中国です…
日本は鴻池が黒いアスファルト道を、中国はタンザン鉄道ダルエスサラム駅を贈りました。
それでタンザニアの人たちに出会うと、最初にチャイニーズ?と聞いてくるのです…その次にはカンフー?カラテ?です。(^^)

31.「…こういう絵と出会うと健康になれそうな気になる。」
32.…とっても「生きてる」って感じがあふれていてステキでした。
33.「広島市内でも開催をご検討されたらいかがでしょうか。」
34.「東京でもこのようなイベントがあると嬉しいです。」
35.「榎木孝明さんの展示会があると新聞で知り、ずっと来たいと…」

----タンザニア訪問記No.1〜7-----------------------
36.サバサバフェスティバルタンザニア訪問記(No.1)★★★
37.白石顕二さんが西アフリカへ…タンザニア訪問記(画家と画商No.2)★★★
38.ザンジバル生まれの木版画タンザニア訪問記(画家と画商No.3)★★★
39.チャリンダはその固定観念を…タンザニア訪問記(画家と画商No.4)★★★
40.マチョとその兄弟たち…タンザニア訪問記(画家と画商No.5)★★★
41.才能を発掘した篤志家とミキダディ(画家と画商No.6)訪問記★★★
42.ジョナスの才能(画家と画商No.7)訪問記★★★

43.開いてみてビックリしました。布に描かれてるんですね〜
44.「今回の絵は、私の仕事場(接骨院)に飾ります。」
45.「バルセロナでピカソのゲルニカを見た時の感動と同じ。」
46.「絵が珍しかったのか、周りに居た人たちの注目を浴びて」
47.「2歳の時からの夢で将来は獣医というくらいの動物狂いです!」
48.「西洋、東洋とも違う独特なタッチと表現力」
49.マティスが好きで、興味を持ちはじめ、美術館めぐりが好きに…
50.岡山にはオリエント美術館という海外の作品を主に展示する美術館が…
51.「30歳までには(今年24歳です)タンザニアに行きたいと思っています。

----------------------------------------------------------------------
■○□●☆▽★△■○□●☆▽★△■○□●☆▽★△■○□●☆▽★△
----------------------------------------------------------------------

※写真や画像、文章を無断で利用することは出来ません。著作権法に違反する行為は法律で禁止されています。
著作権はインピク企画にあります、ご了承下さいませ。
☆松浦さん家のこしひかり…何故か美味しく安い…どうして?←←← 2002.4.1〜現在
© Copyright 2003-07-08 INPIC KIKAKU  All rights reserved.
>>HOME / NEXT