編集後記展示会のご紹介(25) 目次に行きます…
>>BACK / HOME / NEXT

タンザニア絵画展ティンガティンガ村の画家たち」2003年度版
---------------------------
[展示会来館者様によるアンケート/その@(7月23日分)]
「絵を描いた人に会ってみたい。もっと沢山作品があったらいい。初めてティンガティンガの絵を見たけど、楽しかったです。」広島市中区千田町にお住まいのA.Hさんのアンケートです。
この方、「黒豹の赤ちゃん」欲しいです。…と書かれて下に幾何学模様のアンダーラインでアピールされてます。^^; TSSテレビの満点ママをご覧になられ、また知人からも誘われて来られた方です。欲しい作品は「BUSHIR三匹のガゼル」やオジャジャモンデの「ライオンとバッタ」…との事です。素敵だと思われたのは…1番ミムス、2番ムクラ、3番ミキダディ、4番ブッシャ-だそうです。他に好きな画家はフンデルトヴァッサー…

ありがとうございます!
今年も展示会が始まりました…
2年も続けて開催できましたのは、関係者方のご好意…ありがたく感謝してます。
お近くの方は、9月28日までやってますので、お気軽にお出で下さいませ。m(_)m


筆の里工房内展示風景
今回の初会展示では、ミキダディの作品を2枚飾りました。

画像の右にある黒い額縁に入った縦型の作品です.この作品はカリアコーマーケットの様子が描かれているのです。アクリルは使わずに反射しないところで、近づいて見ることも可能にしました。もう一枚は左の白い壁にあります。奴隷時代を漫画チックに描いた作品です。私はこの歴史ものに興味を持ちましたが、来られたお客様はどうだったのでしょう?
---------------------------★
[展示会来館者様によるアンケート/そのA(7月23日分)]
とても来て良かったと思いました。
でももう少し、沢山の絵が見たいです。
タンザニア絵画展良かったです。
こちらの答えは、広島市南区出島のK.Hさんです。マチョやオジャジャモンデが好きで知り合いから教えて頂き来られた方です。用紙の白いスペースに「とてもほしいです(そしてハートマーク3つ…)」を描いて下さいました!黒豹の赤ちゃん、当たるといいですね…

ありがとうございます。m(_)m



ダウディの作品の前
今年もやはりダウディのホロホロ鳥の絵を飾りました。

とても素敵です…
ここの事務局長もこの作品は気になるようです。
この作品は黒っぽい竹のデザインの棹を額装に使用しました。実は最初に、金色の竹をデザイン化されたもので額装しましたが、あまりしっくり来ないので、黒色に近い色に替えたのです。人気は去年から同じです、この作品…。
---------------------------★
[展示会来館者様によるアンケート/そのB(7月21日)]
「タンザニアにこんなに素敵な絵画があるなんて、想像した事さえなかった。今日は非常に得をした気分です。一見似た作風に思えたが見るほど個性が溢れているのも感じられてきた。もっと沢山見たいです。」と描いて下さったのは、広島市佐伯区観音台に住むT.Kさん。

筆の里工房へ入られてこの展示会を初めて知ったという事です。
大きな縦長の「黄昏に憩う鳥たち」が良かったそですね。
ヤッシーニも良かったようですね。
また、次回も展示会がやれたら来て頂きたいですネ。


版画家ハシム作品前
札幌国際版画ビエンナーレで準大賞を授かったザンジバル出身の版画家、ハシムの作品やキャプションに目を通すお客様です。

1枚々確認しながら回ってみるゲストです。彼の作品…日本で認められた作家ですが、もっと広く世界でも認められるようになったらいいのですが…。彼は今後タンザニアの文化人として歴史に名を残して行くに違いありません。そうするとこの作品は国宝級??となるのですが…それにしても安い将来の国宝級作品です。知名度がないというのは、悲しいですネ。
---------------------------
[展示会来館者様によるアンケート/そのC(7月21日)]
「もっと沢山の作品を展示して欲しい…」
こう書かれたのは、広島県廿日市市桜尾のN.Kさん。
この方、知り合いから教えられ、当サイトを見て来られた貴重なゲストです。好きな画家はシャガールだそうです。猫がお好きなのでしょうか?その類の言葉をメールアドレスに使用されてます。

作品はもっともっと見て頂きたいのは山々ですネ。
しかし、スペースを空けて飾る事で作品が生きてくる事も確かにあり、その分飾る枚数も限られてくるのです。しかし、飾られるところを改善する事が必要であると私も思うのですがどうもいい考えが浮びません。どなたかいいアドバイスがあれば教えて下さい。


マリキタの作品を観賞中
向って右が「ブッシャ-の三匹のガゼル」、左が「ミムスの憩う…」でしょう。

ゲストはアクリルの無い、マリキタの作品アニマルダンス」をご覧になられています。絵が好きな方々でしょうね。一枚々吟味するように、見入っているのが良く分かります。この画像は応接セットが置かれた側より撮影してます。手前二枚の絵には光がかなり反射しているようですね。白っぽくなっています…

※去年と比べると、衝立(ついたて)の組方が違います。
只今アンケート内容を皆さんにご紹介しています…


※写真や画像を無断で利用することは出来ません。著作権法に違反する行為は法律で禁止されています。著作権はインピク企画にあります。ご了承下さいませ。
2003.7.30
© Copyright 2003-07 INPIC KIKAKU  All rights reserved.
>>BACK / HOME / NEXT