>>BACK / HOME / NEXT
家サイディのブラックガゼルです。

狭い画面を頭から腰に至るまで、たゆませて見せる様は、ティンガティンガらしきフォルムです。背景に伸びる一本のくねくねとした樹、そこへ集うムナジロガラス・・・シンプルなシーンを好むサイディの一枚です。そしてより背後では原色を離れて、淡い色調で主人公のガゼルを引き立てています。




「サイディのガゼル」
41.0cm×28.5cm(黒枠入れず)
画家 SAIDI
額縁拡大します
※ご質問は inpic@chan.ne.jp まで。


>>BACK / HOME / NEXT
サイディは後に筆が欲しいと、言った画家です。

芸術的な作品を求める私と、彼らティンガティンガアーツの画家たちのとの間にはギャップを感じていました。
しかしサイディは、日本人のような淡い色調を見せてくれたのでした…
民芸品というより、芸術的な作品として喜ばせていただいたのが彼の作品だったのです。

筆は磨り減ったひどいものでしたが、それでも面白い作品が描けるのですから本物だと感じました。




-------------------------------------------------------------------
© Copyright 2002-07 INPIC KIKAKU  All rights reserved.