ホームページTOPへ返ります。
 編集後記全国のお客様ご紹介(12) このボタンを押すと目次へ返ります
>>BACK / HOME / NEXT

月がかわり9月になりました。引き続き、筆の里工房では
「ティンガティンガ村の画家たち」をご覧頂いてます。
(バーチャル展示会でよろしければ上記をクリックして下さい)

今日9月1日は、子供達にとって初の登校日になるはずでしたが、日曜日ですから、学校はありません。・・・・それに気が付いたのは筆の里工房へいつものようにアンケートを取りに行ったおり、駐車場が満車状態・・・「あれ?」・・・それでようやく気が付いたのです。(^^ゞ(ボ〜)

昨日が夏休みの最後と思い込んでいたのですが、実質は今日までが夏休みなのです。それに昨日は朝鮮半島に抜けます台風が中四国を襲い、その影響で雨が降ったりやんだり、強風が吹いたり・・・。客足は自然と遠のくはずですよね。それに打って変わるように快晴の今日9月1日のお天気・・・出かける方も自然と多くなるはずです。会場に入りましてもアンケート用紙を持って作品の前に行き、作品名を確認してチェックを繰り返す風景も見られました。二つあるソファーも一つでは足りずに、両方に3人が書き込む様子も見られ、とても嬉しく思いました。

今日もオリジナルな回答を頂きましたのでご覧下さい。

来場者が作品「黄昏とブラックガゼル」の前に・・・
N.Kさん
「いろんな色が沢山使われていて、綺麗だった。動物達も様々な表情で可愛かったり、怖かったり、子供達も喜んで見てて良かったです。」
コメント:もっと怖い表情のティンガ2もあるのですが、HPにも、展示会場にも展示しませんでした。やはり、小さな子供達や、女性の方に安心してみて頂けるのがいいと思いましたので。ご来場下さりありがとうございました!

Y.Kさん(9歳)
「いろいろな色があって綺麗だった。」
コメント:ありがとう!

Y.Yさん
「また来ます。」
コメント:また来て下さい、お待ちしてますーm(__)m

H.Uさん
「心なごむ絵で、タンザニアで描かれるとは思いませんでした。」
コメント:いや、本当にそうですね・・・。タンザニア人の感性にビックリさせられますよねー。癒し系?いや、その通り、和(なご)ませ系です。

K.Hさん
「今までに見た事のない、目にも鮮やかな色彩と線の太さに驚きました。一目で引きつけられ感動でした。」
コメント:鮮やかでしょう?線・・・そう、線ですよね。日本文化に近いですね。しかし独特なタッチです。

これねー、アンケートって。ねね、書いてかない?
Y.Nさん
「大きい絵は飾る場所が無いです。それに初め誰の何の絵画展か分かりませんでした。絵葉書とかあるといいですね。タンザニアのお話と合わせた絵本とか出来そうですね。元気が出てくるし・・・可愛いですよね。」
コメント:そうなのです・・・日本の住宅事情では、大きい絵は飾る壁面に苦労するというのが本当のお話です。アメリカのような、何でもかんでも額装して、広い壁を絵画なんかで飾るということには成りにくい事情です。また、私も思っていましたが改善しないでいました点です。小さいA3ほどのポスターがイーゼルに乗っかってるだけなのですから。申し訳ありません。こちらももしかするとジミー大西さんの作品なのかも・・・という誤解が生じていたのかも知れませんね。立て看板・・・表にポスター・・・うーん。しかし、本当の気持ちを書いて下さったY.Nさん、ありがとうございます。本音って、HP上ではなかなか聞けません。助かります。m(__)m

M.Kさん
「色使いがとても明るく落ち付いた感じで、見ていて心が和み、微笑ましく、ホッとな気持ちになり、とても良かったです。又色々と数多く見たいです。」
コメント:ありがとうございます。もっと、もっと見て欲しいのですが、まず手始めに今回の展示会を試みてみました。予算の関係もありなかなか思うように大きな展示会は開きにくいということも分かってきました。今後、これを機会に次回のためのステップとしていくつもりです。・・・ほんとビックイベントにいつかは挑戦したいですね。ティンガ2村のためにも・・・

Y.Sさん
「色遣いがとても綺麗でした。」
コメント:色彩のマジシャン?色彩貴族・・・極彩色なる作品の数々です。ただ原色を並べただけでは、綺麗だとは思えないのが現実でしょうけれど・・・不思議ですね。

アンケートにご協力下さるお客様方です

漫画家の伊東潤二さんが好きなT.Yさん
「購入出来る絵を増やして欲しいですね。また買う機会が来たら、是非また来させて頂きます。」
コメント:ありがとうございます。T.Yさんの事、けして忘れませんから。(^^ゞそれにしても伊東潤二さん?どんな漫画を描かれるのでしょうか?

画家ダリを好きなY.Mさん
「市内デパートにも進出して欲しい。」
コメント:ありがとうございます!市内デパートは特に予算をかけなければならない場所になります。相当点数を揃えて、挑まないと難しい面があります。今やると大きなバクチという事になりかねません。それで小さな小さなバクチに留めたわけです。あはは、バクチだ何て・・・失礼しました。(^.^)
いずれ充分な予算を編成できたなら・・・やります。しかしまだまだ先のステップです。でも、嬉しいですね、ありがとうございました。

版画家池田満寿夫の好きなT.Nさん
「ジミー大西さんの作品展を見に来たのですが、他にも沢山の作品を見ることが出来て大変嬉しかったです。」
コメント:満足度に随分貢献しているようです。筆の里には、大人500円子供250円の入場料が必要ですが、それ以上の価値を得られたのでしょうか?ジミー大西さんの展示会とご縁がありました事はほんとーに良かったです。

画家エルテの好きなA.Oさん
「動物をこのように愛らしく表現出来る事は素晴らしいです。見ていて仄々(ほのぼの)としたここちになります。」
コメント:愛らしい動物達・・・本当にそう。動物達に命を与えているのはタンザニア人です。彼らが命を与えているのです。仄々とポカポカさせるのがいい所ですね。

「鳥物語」の前でベビーカーの赤ちゃんとスキンシップするお客様

画家ピカソの好きなT.Gさん
「アフリカの人たちの明るい性格や豊かな感性が伝わって来ました。はっきりした色彩の数々は、見ていて気持ちまで明るくなって来ます。ここで初めてティンガ2村の事を知り興味深く観賞しました。」
コメント:ありがとうございます。明るい・・・確かに明るく振舞うアフリカ人の気質・・・すばらしい外交性にたけた人々です。皆が皆そうではないにしても・・・。気持ちが明るくなってくるのはありがたいですねー。初めて知られたのですか?嬉しいですね・・・そういう出会いを提供できたという事が。これからもよろしくお願いします。

画家ピカソやシャガールの好きなE.Kさん
「ジミー大西展を見に来たのですがこちらの絵を拝見して、より一層楽しい気持ちにさせて頂きました。何処かジミーさんの絵と共通してる所もあってステキな作品ですね。ありがとうございました。」
コメント:確かに共通するとこらがあるようですね・・・・私もそのように感じておりました。E.Kさんもですか?

ピカソやルソーの好きなM.Mさん
「色鮮やかに、鮮明に描かれ、とても興味を持ちました。この様な絵に触れる事が出来、良かったです。」
コメント:ありがとうございました。


それにしても、まだまだ、まだまだ続きます“ティンガ2展”、遊びにお出で下さいお持ちしてます。m(__)m

レジでお買い物をされるお客様・・・
2002.9.1
© Copyright 2002-07 INPIC KIKAKU  All rights reserved.
>>BACK / HOME / NEXT