ホームページTOPへ返ります。
 編集後記展示会のご紹介(15) このボタンを押すと目次へ返ります
>>BACK / HOME / NEXT

9月14,15,16,18,19,20,21,22日のアンケートから抜粋してご紹介致します。
引き続き、筆の里工房では
「ティンガティンガ村の画家たち」をご覧頂いてます。
(バーチャル展示会を上記からご覧頂けます)

残念な事に北朝鮮国に拉致され連れ去られていた横田めぐみさんは死亡していることが判明致しました・・・当時中学1年生だった彼女は(1977年11月15日13歳)部活動のバトミントンを終えて下校途中で拉致されたということですがその後北朝鮮に連れ去られ、子供を授かり若い20代で(1993年3月13日28歳)亡くなっております。彼女の他にも残り7名も同じ様に亡くなられております。・・・無念という他ありません。これを情報公開といえばいえなくはない内容ですが、しかしながら金正日(キムジョンイル)総書記・・・・?・・・・いつから心情の通(かよ)う普通の人間に変ったのでしょうか?不思議です。まるで記憶喪失にでもあって、大切に仕舞い込んであった物を「ポロリ」といとも簡単にさらけ出したようです。情報公開というよりも・・・過去の記憶を何処かに落っことして普通のお父さんに返った様ではありませんか?   しかし、金総書記の子もまた、日本へ密入国し逮捕された当時、黙って帰国させたという小泉首相の素早い好判断(?!)を思い起こさせます。そういうこともあり、金総書記も恩を感じ民主化に拍車をかけたのかも知れません。いずれにしても、日本と北朝鮮はお互い“恨み骨髄の縁”の中が瓦解し始めようとしています。そしてそれより圏外に住む欧米では多分、東西ベルリンの壁崩壊シーンをアジアに見ているに違いありません・・・

今日もオリジナルな回答を頂きましたのでご覧下さい。

筆の里工房、受付け
筆の里工房に入って初めて知ったティンガ2展・・・Y.Tさん
「何年か前に、トヨタ自動車のカレンダーで、どなたかは分かりませんが(ティンガ2村の画家?)動物ばかりを集めたものがあり、大切にとってます。たまたま筆の里工房に入って、このような作品を見ることが出来て、大変嬉しく思います。又、是非展示して下さい。」
コメント:ありがとうございます!トヨタのカレンダーでありました?そんなの??見たいですねー、是非見せて下さい、お願いします。あ、何々市の何々町ですね。ちょっと電話して尋ねてみようかな?(^.^)

画家マニャンガを好きなK.Yさん
「マスコミ等で宣伝をしっかり行って下さい。知らない人々も多いと思われる。」
コメント:わ、わかりました。すいません!次回は考慮しますので。

「ゼブラと蝶(画家ムワメディ)」「ダウディの鳥(画家ダウディ)」を好きになられたE.Yさん
「エナメルペンキの色彩に魅せられました。言葉は通じなくても引き付けられました。」
コメント:彼らと私たち日本人は意外と通じる世界があるのかなーなんて思ってしまうのですね・・・ティンガ2見ますと。親近感が出ても来ますよね。

「ヤッシーニの親子象」を好きになられたN.Hさん
「アフリカが大好きなので今日もこの絵たちに出会えてラッキーな日となりました。絵が欲しい・・・」
コメント:アフリカ・・・お好きですか??アフリカの留学生さんたちとの交流会などには参加されてるのですか?面白いお話があればお聞かせ下さい!あなたもヤッシーニお好きですか?

「黒豹の赤ちゃん(F)」画家ムクラ氏を好きになられたM.FさんとY.Fさん
「すばらしい作品が多くあり、大変感動しました。」「初めて来ましたが美しい所でよかったです。」
コメント:ありがとうございます!遠路はるばるお出で下さりありがとうございました!感動して下さる事がとても嬉しいです。ご親戚でもこちらにあるのでしょうか?それともご旅行ですか?

受付:入場料一般大人500円(団体400円)、子供250円(団体200円)
「ミムスのブラックガゼル」を好きになられたM.Kさん
「素敵な絵が沢山あって楽しかった。」
コメント:ありがとうございます。楽しんで頂ければ幸いです。暗く重苦しい作品よりも明るく元気が出てくるものが好きですね。楽しくなるのは、ほんといいですね。

「マチョの水牛と仲間達」を好きになられたE.Kさん
「本当にすばらしい作品を見れて良かったと思います。」
コメント:マチョ、喜んでると思います・・・お寺の小僧さんのようなマチョ。タレント的なところありです。ハハハ・・・でも本質的なはっきりしているテーマを描ける画家です。

マニャンガの「赤い可憐な麒麟」を好きになられたT.Mさん
「作成風景等の写真も展示して頂ければ・・・・」
コメント:了解しました。そのとおりですね・・・少し解説がたりないですよね。もっと工夫の余地は沢山あると思います。

コミュニティホールから外を眺めます・・・
画家ヤッシーニが好きなK.Oさん
「色彩が鮮やかで、新鮮でした。」
コメント:ありがとうございます。原色なので新鮮さ、鮮やかさが際立つのでしょうか??日本人に無いストレートな効果が私たちの心を捉えるのかも知れませんね。

画家ジョナス氏の「トラクターとアフリカの仲間たち」が好きなK.Oさん
「絵を見る機会がなかなか無くて、今日の絵を見て、心が安らぎました。」
コメント:あー隣の街の方ですねー。ありがとうございます!安らぎが与えられますよね、ほんとに。先進諸国のストレス社会では「ホッ」とため息をつく暇も無いですから。彼らは大自然のなかで大きく深呼吸してるので、一杯安らぎの栄養素を持っています。それが絵に反映しているので、癒しを与えてくれるのかも知れません。

画家ダウディを気に入られたH.Hさん
「初めて来ました。また。色々イベントで自分で見たいものがあれば、帰省した時に・・・・」
コメント:そうなのですか?帰省されたので寄られたのですね?また、機会があれば見て下さい。

画家フシィ、ミムス、マチョの作品を素敵だと思われたN.Kさん
「アフリカの生活に動植物がいかに溶け込んでいるかが、ひしひしと感じられる作品でした。動物園の中の動物に生命を感じている私たちとはまるで違う動物達への愛情、眼差しである事を感じました。きっと彼らにとって動物とは、愛玩の対象ではなく、共に生きている共生者であり、地球上での同じレベルの生き物という意識なのでしょう。それで私の心の奥にある本能を揺さぶってくれたような気がしたのでしょう。」
コメント:う〜ん、そうかも知れません。

画家マチョ、画家ムワメディなどがいいと思われたM.Kさん
「ミムスの鳥の爪がはっきりしていて、引っ掻かれたら、痛そうに思えました。」
コメント:ハハハ、本当にそうですね。痛そうなのです。・・・な、七歳?ま、マサ君?   夢に出るかもしれませんねー。(^O^)

画家ダウディ、マジドゥ、マリキタがお好きなS.Sさん
「アフリカの大自然の恵み、神、祈り、色々織り混ざった心の癒しを感じました。色彩の素晴らしさ、絵のユニークさ、思わず吹き出したくなったり・・・でもじっと見ていると心が豊かになりました。」
コメント:心が豊かになる・・・それが絵画の持つ魅力ですね。100年間も守り育てられつづけた野生の王国・・・・その価値は計り知れません。自然の恵みに取り囲まれて過ごして生きてみたいものです。

「トラクターとアフリカの仲間たち」がお好きなT.Aさん
「思いがけない出会いだった。もっと宣伝すればいいのに...と思った。」
コメント:ありがとうございます!画家ジョナス氏の絵画・・・素敵でしょ?私も大好きです。ジョナス・・・才能ある画家です。

画家ミムスを好きなM.Kさん
「画家フシィの麒麟などが出ている絵がダイナミックでよかった。」
コメント:あ、あれですねー。まったくそうですね。描きたいように描いてるそれでいて面白い。

「ミムスのBG、ダルエスの噂話、チャリンダのゼブラ」を好きなM.Iさん
「偶然にティンガティンガ展に巡り会え、とてもラッキーでした。またこの様な展があれば是非来たいと思います。面白い企画楽しみにしています!」
コメント:ありがとうございます!またやらせて頂きますので、その時にはお出で下さい。

筆の里工房より、熊野高校のある方角を見ています。
「ミムスのBG、フラミンゴSTOP(F)」が好きと言われるH.Nさん
「初めて見ましたが、独創的で力強く、デザイン化されていて、とても素晴らしいと思いました。」
コメント:そのごとくですね。独創的です。デザイン化されてます。初めてですか?また、やる時には、遊びにお出で下さいネ。

画家ダウディの「アフリカの親子」や画家マジドゥに好感持たれたH.OさんY.Oさん「ここに展示されてる絵は、その土地の特質を描いているので好きです。行った事の無い国のことが想像され、その絵を描いた画家の心情も分かる気がします。すばらしい絵をありがとうございました。」「この様なすばらしい絵が、黒人の感性あるとは知らなかった。無心に思った通りのイメージを表現するから描けるのだろう。」
コメント:そうですね、確かにアフリカのタンザニアが伝わって来るようです。心情は一杯溢れんばかりです。私もそこが好きですね。

「ダルエスの噂話」に好感もたれたK.Hさん
「作品がどれも色彩豊かで、明るいタッチだったのが良かった。きっと絵には性格が出るので、皆、前向きな人たちなんだろうと思った。ティンガティンガ村の画家達の作品が良かったので、友達にも広めていき、無料展示にせず、入場料を払って観れるようにしていきたい。そしてそのお金で、より多くの作品を描いて欲しいです!」
コメント:情熱的なご意見、誠に有難うございました!K.Hさんは私たちと同じレベルでアフリカの事を考えて下さいました。その事がとても嬉しいですね。率直な気持ちは誰も同じなのですね。今後ともよろしくお願い致します。K.Hさんも何をされておられる方かは知りませんが、頑張って下さい!

画家マニャンガ氏の「可憐な赤い麒麟」が一番可愛いS.Iさん
「絵から優しさを感じました。色彩のあざやかなもの、落着くものと、様々ですが、観ていてほっとする、穏(おだ)やかになれる、そんな絵画でした。また、何とも表現しがたいパワーを感じました。」
コメント:パワーを受け止めて下さい。自然から得た素敵なパワーです。

画家マニャンガが好きなA.Iさん
「鮮やかな配色と、エナメルペンキの質感が良い。モチーフになっている動物や人間の表情も面白い。」
コメント:エナメルペンキも芸術を表現するには充分であると考えられますね。おっしゃられるように、質感・・・・非常に面白いですね。筆と布とペンキで出せる質感は限られますがそれでも出来うる限りの表現がなされています。それはすばらしい境地を描いています。彼ら全員に油彩画を描かせてあげたい、そういう気持ちで一杯です。(-.-)

コミュニティホールへ向かうお客様
熊野町広報を見て来館されたS.Uさん
「すごかった。」
コメント:ありがとうございます。m(__)m

画家マチョがいいと思われたE.Oさん
「色使いが鮮やかで植物や動物の様子もダイナミックでそれでいて愛情が感じられた。人物も皆笑顔で楽しそうだった。・・・」
コメント:すべてに愛情が感じられるから、伝わる世界が違うのでしょうね。彼らや彼女等の慈しみでしょうか?万物に対する慈悲を、施しているのではないでしょうか?そんな世界を見ると癒されるわけです。

画家ライカ氏の「仲良しな麒麟」に好感を持たれたS.Kさん
「作品と作者の顔を一緒に展示して欲しい。」
コメント:本当ですね。出来るだけそうします。説得力が違って来ますからね。分かっていても指摘されないと動けないのがよくありません・・・。反省して実行に移したいと思います。

「アフリカンフルーツ」が好きなM.Sさん
「絵であると同時にデザインにもなっていてすごいと思った。本来の絵はこんな形なのではないかと考えさせられる。」
コメント:ラスコーの壁画を思い出します。どちらも原始的でしかし、いきいきとしています。原点絵画・・・・・とも言えなくは無いですね。

「ラスキバの愛した村」がいいとおっしゃられるE.Tさん
「久しぶりにゆっくりと絵を見ることが出来てとても良かったです。」
コメント:沢山の画家の作品を観ているとお腹が一杯になりますよね。充実するということですけど・・・また今度もあれば観て下さい。

画家SLYDの作品「三匹のガゼル」がよいとおっしゃられるD.Tさん
「独創的で良かったです。また、催して欲しいです。」
コメント:ありがとうございます!独創的です、ほんと。個性的でオリジナリティのある作品です。出来るだけ会を重ねたいと考えています。

「ムヒンビリM.S」を気に入られたH.Sさん
「カラフルで明るい作品を観る事が出来て良かった。広島にも芸術の向上、発展、そして自分自身の力を信じ頑張っている若者が沢山います。その人たちの発表の場としてこれから企画立案して頂ければと思います。(ちなみに、私の子供もその1人です)」
コメント:ありがとうございます。画家の卵さんたちが広島にも沢山おられるという事ですね?なるほどー・・・・。そして自身の力を信じている若者ですか・・・。なるほど・・・。最後まで信じて行ければOKでしょうが、続けることはなかなか難しいですよね。食べていけないと、続けようがないのですから。日の目を見るまでは欲しい物を欲しがらずにひたすら描きつづける世界ですから大変です。それでも画家を目指す若者がいつの時代でも後をたたないのは、それだけ魅力がある世界だからなのでしょう。価値をそこに充分見出しているということですね。しかし、そこから経済が産み出せなければ、終わりです。私はまず、アフリカのタンザニアが第一目標です。この国の画家の卵さん方の才能を紹介して広く認められるように出来なければ、多分日本の若者達を助ける事は無理だと考えます、今の所。多くの才能ある画家の卵さんが広島にもおられるのでしょうけれども。しかし、何らかの形で助け合う事は可能でしょうから、今後少しづつ理解してみてもいいでしょうね。このような、貴重なご意見大変有難うございました。今後の美術世界に貢献するにはさらに先の段階において解決してゆかねばならない問題だと思われます。お母さんとしても、とても大変なお気持ちでおられるのではないでしょうか。

「アフリカの親子」がお好きなK.Sさん
「もっと、PRして欲しい。」
コメント:はい、承知致しました。お金のあまりかからない宣伝を検討していますので今後もごひいきにお願い致します。

画家ジャルファの「キリマンジャロとマサイ」がお好きなY.U様
「家に飾ってみたい作品が多々ありました。」
コメント:ありがとうございます!ジャルファさんのも素敵ですよね。遠い所からありがとうございました。

画家フシィを好きなT.O様
「今回のような作品展は良いと思います。国内の作家についても新人の作品展示販売は良い事と思います。」
コメント:プロでも様々な段階があると思います。高く売れる作品が描ける画家、安くなら欲しいと言われる画家・・・その巾は広いです。しかし、売れるというのは生活が出来る兆候?かもしれないというリトマス試験紙的発想でしょう。そこからどう努力するかが画家の人生を切り開いてゆくものだと思います。そういう意味でも、売ってみる事は大事です。T.O様のご支持ありがとういございます。

好きな画家はダウディです。M.T様
「1人の作品だと思ってみていました。・・・作者がそれぞれ違う事に気付き改めて鑑賞すると少しづつ違いがありますね。この村の事について、もう少し知りたいなと思いました。すばらしい作品展でした。」
コメント:小さなコミュニティホールでもそのように喜んで頂けると助かります。このことにより別に大きい会場でなくても充分、作品により楽しんで頂けるということが分かりました。ありがとうございました!


沢山のご来場ありがとうございました。9月14,15,16,18,19,20,21,22日のアンケートから抜粋してご紹介しています。今月9月29日まで行いますのでお知り合いの方にも“ティンガ2展”宣伝して下さい、お持ちしてます。TV、ラジオ、新聞などでは宣伝しておりませんので・・・・よろしくお願い致します。m(__)m引き続き、アンケートのご紹介です・・・・・

コミュニティーホールへの入口です。
2002.9.23
© Copyright 2002-07 INPIC KIKAKU  All rights reserved.
>>BACK / HOME / NEXT