ホームページTOPへ返ります。
 編集後記全国のお客様ご紹介(18) このボタンを押すと目次へ返ります
>>BACK / HOME / NEXT

再びBRB様からメール頂けましたのでお披露目致します!
---------------------BRB様のメール-------------------
[BRB様] 
最近のタンザニアはトヨタ車が多く走っていると言っておられましたが私が行った頃はトヨタ車はほとんど見かけませんでした。ベンツ・ワーゲンが多かった!また、山へ行ったときのタクシーの運転手は「日本車は弱い」と言っていました。
管理人:現地のNGOの方は、「クラウンが好きだ!」と話していました・・・「(そんな高級車、日本人の私でも縁が無いのに、贅沢だなー)」と思いましたね。10年落ちのクラウンは、まだまだバリバリで、人気なのです。一昔と比べると、トヨタの品質も随分レベルUPしたのではないですか?

タンザニアナンバーのトヨタマークU
[BRB様]
少し残念!因みに、私の乗ったタクシーはベンツでした・・・が・・製造から26年経過していまして、助手席は無くその床は穴が開き後部座席はスプリングが見え隠れしていました。それにしても「さすがにベンツ」エンスト無しで行って来られました・・・ホッ。

管理人:26年はすごいなー!

[BRB様]
今のタンザニアはどうか分かりませんが、ダルエスサラームの大通りで見た物売りの彼等は「これを買わないか」とか「これは良い品物だよ」などと商売をしないのですね?ただ々じっと待っています。

管理人:なるほど、よく観察されてます!

[BRB様]
絵を売っている人も、戸板の上に空瓶だけを売っている人も、ジッとこちらを見ているだけでした。この困窮した生活の中で(見た感じではとても豊な生活をしているとは思えません)絵で成功するかどうかも分からない画家で生活している事に、強い信念と勇気を見せられた次第です。

管理人:この時は西暦何年でしたか???ティンガティンガが亡くなった後(1972年以降)は、非常に絵の販売で苦労してたようです・・・過去に元祖ティンガティンガ氏の成功した経歴があったので、弟子達の粘りづよい信念と誇りによる販売を見れたのではないでしょうか。

[BRB様]
言葉が通じなくても「ジャンボ」の一声を掛ければ少しくらいコミュニケーションが取れたのでしょうが・・・。
その内、仕事を退き時間に余裕が出来ましたら「どのくらいタンザニアが変わったのかその変わり様を見に行きたい」と言う思いが強くなっています。


管理人:そうですね、是非訪ねてみてはいかがですか?きっとびっくりされるでしょうね。ダルエスサラムの商店街の賑やかさは、信じられなくなっているのではないでしょうか。
綺麗な道路も出来、高速のように飛ばすドライバー・・・
すごい変化だと思われます。
しかし、少し都会を離れると田舎はずっと変わっていないかも知れませんが。
----------------------------------------------------

市内を少し離れての郊外での撮影
お客様は、外国航路の船員を20年勤務され12年前に船員を退職し今は、謀企業の関連会社に勤務されています。
アフリカのいろいろな土産品等購入されましたが、タンザニアの道端で絵を販売していたのを見た事は有ったのですが、購入されなかったそうです。「懐かしいので絵でも見て」楽しもうとこちらとご縁が出来たのです。(^.^)
2002.11.16
© Copyright 2002 INPIC KIKAKU  All rights reserved.
>>BACK / HOME / NEXT