ホームページTOPへ返ります。
 編集後記全国のお客様ご紹介(8) このボタンを押すと目次へ返ります
>>BACK / HOME / NEXT

暑くなりました。

いつの間にか、また7月になりタンザニアよりも暑い夏が来ました。

久しぶりにodathu様からの涼しげなお便り頂きました。
ありがとうございます。
暑い夏を過ごす為に、日本人は浴衣を着て、内輪を仰ぎ風鈴の音に耳を傾けてきました。それともう一ついい方法が見つかりました。西インド洋を泳ぐタンザニアフィッシュの絵を飾るのです。・・・・これは素晴らしい!私もやってみたいですね。

竹の子魚とその仲間たち(額装)」
「その原画ページ
(※尚これらの額装を協力して下さったのは、伊東屋本店さんです。)

>竹の子魚はリーズナブルなのにしてもらいました。マットは微妙にグレーなんです。夏場は竹の子魚をリビングに置くのが涼しげでいいかな、と思っています。


それから画家マチョの作品を豪華な洋風に額装されました。
ご覧下さい・・・

ピンクの象と仲間たち(額装)」
「その原画ページ
ダルエスの画家マチョ・・・・喜ぶでしょうね、きっと知ったなら。「アサンテサーナ」と言って、握手を求めてくるでしょうね、きっと。?え・・?どうして分かるのか?私だったら、嬉しくてそうするからです。同じです・・・気持ちは同じです、はい。

>大変ご無沙汰しております。ピンクの象さんの
odathuです。
先月は仕事が忙しくなかなかご連絡できませんでした。
額装した写真お送りしますね。 
額装は満足していますが、重いので壁へのフック取り付けで悩み中です。ご覧のようにリビングにたてかけています。

すいません・・・これはちょっと考えねばなりませんねー。お部屋の天井と壁の接点にフックが取り付けられればいいのですが・・・重いものはよっぽどしっかりしたフックの固定が必要ですよね。ガラスは重く、アクリルでもやはり重いのは重いでしょうねー?洋間などは特に考えものです。(フックが付けられる時には、3本釘をさせるものが丈夫です)
 
>ピンクの象さんは、マットを使用しない方法で額装してもらいました。油絵タイプですね。リビングが広くないのであまりでっかくならないほうがよかったのです。
斜めから撮ったのでわかりますかねえ、カーブしててかっこいい棹なんです。

なるほどなるほど。
よく分かります・・・・
 もっと大きな画像を使えばいいのですが、あまり重くなりすぎると待ちきれない方に悪いので小さくしました。世界中がブロードバンド時代になりましたら、使うようにしたいと思います。
このように、ティンガティンガ愛好家が少しずつ現れて下さると嬉しいですね・・・それではまたodathu様、なにかありましたらよろしくお願い致します。
画像大変ありがとうございました!
なかなかすばらしいデジカメを持たれてるように感じますが・・・・私の持つ機種は少しずつ時代に取り残されつつあります。当り前ですが仕方ありません・・
2002.7.10

はじめましてWOODY@東京都と申します。

ティンガティンガの絵は伊勢のマコンデ美術館ではじめてみました。鮮やかでパンチ力のある絵に感動しそこの売店で1枚買って帰りその絵は今リビングに飾ってあります。

その後、玄関と寝室に飾るならティンガティンガがいいなぁと思い探していましたら。 御社のHPを見つけました。いいなと思ったのが売れちゃってて悩みました・・・私の欲しかったティンガ2は 画家MIMUSの作品名「B.Gと仲間たち」、「ガゼルと仲間たち」です。画家MIMUS氏の絵はいいですね。新作を楽しみにインピク企画さんのHPをチェックしていこうと思います。(もっと早くからこのHPを知っていたらGET出来たのに・・・)

さて、マコンデ美術館で購入(昨年の夏)したティンガ2は硬いボード上に描かれた29cm×29cmの絵が額に入って12800円くらいでした。大きいサイズで3万円くらいのもありましたがチョット私には手が出ませんでした。
 
是非、買われた作品を見たいですね。 デジカメで撮影したものをメールに添付して・・・見せて頂けないですか?ご無理をいいますが、出来ればの事です。


 写真添付しました。チョット部屋が暗いのでうまくとれなかったですが・・・美術館でマコンデと絵画をみて結構テンションが上がっていたのでこの価格でも購入したと思います。

私もミムスの絵は好きで沢山仕入れました。素敵ですよね。私も近じか、マコンデ美術館に行って見ようと思います。楽しみですね・・・・

ミムス氏の絵がHP上に出てくるのを楽しみにしています。
マコンデ美術館にまた私も行きたいです、展示してある品々を見ると欲しくなってきます。 実はマコンデも売店で購入しました、これもいっしょに写真とったので添付しておきます。

ありがとうございました!WOODY@東京都さん。色々な情報は助かります。今後ともアフリカはタンザニアのティンガ2、よろしくお願い致します。

===================

ich様

大変申し訳ありません・・・・・

メールを差上げたのですが、ご返事が無く、ご購入の件、気が変わられたのだ思いまして。・・・またお取り置き期間5日間が過ぎましてもしばらくは待ったのですが、メールのご返事も無かったものですから、すでにご注文の品は当店には無いのです。他のお客様に販売してしまいました。

いや、本当に申し訳ありません。お許し下さい・・・・
念のため、当時のこちらからのメールをもう一度再送致してみましょう。どうしたのでしょうか???サーバーに止まってしまっているのでしょうかね?

それで、すでにご注文されておられた作品はほとんど売れてしまいました。残っているのは「マサイのクリスチャン」だけですね。あとは・・「マサイの戦士」に似た作品がありますのでアップロードしてみます。“特別お取り置き”としておきますのでご覧頂いてよければご連絡下さい・・・・・誠に申し訳ありませんでした。でも、どうしてなのでしょうね?不思議です。
私も是非、インテリアのお店に「アフリカの仲間たち」を置いて欲しかったですね。楽しみにしてはいたのですが。残念でした・・・

2002.7.4
アップルパイさんからです。

私の米軍基地の友人が非常に私のTingaTingaを気に入っています。同じのが欲しい!とダダをこねていますが、これだけは譲れません!で、商品一覧のページを見せて、ここから気に入る絵を選べば購入の手続きは私がすると提案したところ、じっくり検討するとのこと。近いうちにお願いすることになるかと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

彼は黒人なので、「ジャルファの異空間」や「マサイのクリスチャン」、人々の生活の絵にもとても好感を持っています。私の彼へのお勧めは「ホロホロ鳥と仲間たち」や「夕暮れの漁村」、「トラクターとアフリカの仲間たち」です。どれも素敵な絵ですよね?彼もこれらはとても気に入っています。

考えてみれば、黒人さんがよく出てくる絵画なので黒人さんには好感を持って頂けるわけですね・・・・

同じ黒人とは言え、アメリカの黒人とアフリカの黒人ではまったくバックグラウンドが違うし、生活風景の絵に関しては、まったく何とも思わないアメリカ黒人も多いと思います。アフリカ黒人の生活はアメリカ黒人とはまったく異なりますから・・・やはり、その人個人の感性に拠りますかね・・・私の友人はエジプトでも黒人の絵をたくさん買ってきています。おそらく、自分が黒人であることに誇りを持ってる人間なんでしょうね・・・

こちらはここ何日か、とても寒いです。広島はいかがですか?
それでは今日はこのへんで・・・ 

エジプトの絵・・・・う〜ん、見たいですねー、その絵・・・・・・
アップルパイさん、メールありがとうございました。


なかなかこの方、目がいいですよね・・、目玉になる絵画をよくポイント突いて購入されてます。今度、「もう売れてしまい、今は無くて・・しかし、あの絵欲しかったんですが」・・・といわれたらアップルパイさんをご紹介してもよろしいのでしょうか?いかがでしょう。(^^ゞ
2002.6.29

マジドゥを好きになられましたH.O様からです。

先ほど雨の中、絵が届きました。ご丁寧な御手紙まで有り難うございました。
額もぴったりですね。実物の方が色が濃く力強く感じます。大事にします。

以前ティンガティンガの絵を新聞で見て色と形の斬新さに目が釘付けになり、インターネットで何か見つからないだろうかと探してるうちに、そちらに行き着きました。

ティンガティンガの記事は数年以上前の朝日新聞日曜版に載っていました。確か世界のアーティストを毎週紹介していたのだと思います。かなり前のことです...

これからもちょくちょくチェックせねば。
では。

ありがとうございました!H.O様。
なにやら、新聞でカラーのティンガ2と出会われたとか...。衝撃ですよね、出会いは...ほんとにねー。多分その時は、独身でいらしたのでしょうが、今はめでたくご結婚されたとか。よかったですよね、いい出会いがあって。それにしても、いつ頃の新聞になるのだろう?幻のその記事・・・

2002.6.27
R.デンソンがティンガティンガジャパンへ来て下さいました!

なんとなんと東京の池袋当たりから来られるのかと思ってましたが、「え?!」そんなに近くに住んでおられたのですか???シカモー独身!(なんかスワヒリ語みたい?)。わざわざ絵を持って来られて見せて頂きましたが・・・・うん〜ん、なかなかいい作品でしたよねー。画家ナソンベさんの泥臭い感じのものでした。ティンガティンガの威光が漂ってそうな・・・そんな感じです。R.デンソンさんも、4,5枚の中でこれを選んだけど、これはいいと思ったと説明されてました。...彼も、絵を見る視点はさすがでした。ティンガ2を評価するにふさわしい人材です。

@デッサンの基礎が無い。
Aぜんぜん商業的でない。
そういうところが好きだとおっしゃられてました。
いい所を見ておられます。そうなのです・・・西洋美術の根底にあるのは、石膏デッサンで十二分に身に付けた基礎、基本なのです。そうして、写真の無い時代に写真の変わりに必要だった技術でしょう。しかし、ティンガティンガには、はじめからそういう基礎は無視されています。現実を無視して描きたいように描かれた自由な表現を見る者にとくと感じさせます。絵画の世界を理論よりも感性中心に追求されたものが彼らが描くティンガティンガだと思われます。そんな絵画をR.デンソンさんも好きだとおっしゃられていました。そして、それに高くは無いと評価して買われたのが10万円の絵画でした。ベニヤ板に貼られたティンガティンガで、まわりを木枠でとめてあります。そのままの素朴なティンガティンガをお部屋に飾られているのでしょうね。

・・・・東京に行った私の友達が、そういう感性の絵画が好きで私に描け、と言ってくれた事があるのを憶えています。中学生のときの私の描いたドライポイントの作品を高校を卒業するまで大切に持ってくれていたのですが。私も「へぇー、こういうのがいいんだ?!」自分の作品を評価され気が付かなかった才能を教えられた不思議な体験です・・・・・・。

そういうものではないでしょうか。
話はそれましたが、ティンガティンガ村の画家たちも、自分の才能を本当に理解していない?・・・他国の人たちに指摘され気が付く・・・・そして描くしかない。ただひたすらに黙々と・・・いいねーって言って下さる方たちの為に描きつづけているわけです。R.デンソンさんのような方が、世界中にいるわけです。そういう方々がティンガティンガ村には必要です。そして今日は、まだHPにアップしていない面白い作品を買って帰られました。

R.デンソンさんは、まだ20代後半です。
今月一杯で生まれたところを遠くはなれて暮らし始めるらしいのですが、大変でしょうね・・・だけどもそういう時期なのでしょう、頑張って下さい。それでは、今後もご活躍される事をお祈りしてます。
R.デンソンさんの所蔵される作品です
2002.6.22
© Copyright 2002-06 INPIC KIKAKU  All rights reserved.
>>BACK / HOME / NEXT