「3匹の麒麟」の額装して行く過程を解説しています。
TOP額装手順/計上/切断/糊付け/固定/額見本/裏板/糊ハッポー//
額縁制作
(枠造り)

真中に右下がりに置いてあるのが棹(さお)です。紙にくるんでありますが、中には金色の棹が入っています。緑色の台は、これは棹を切断するための機械なのです。だから、真中に水平上に置かれた黒い棒は、あれは棹を動かさないようにするためのものです。

2

セッティングのために、位置を計算します。


メジャーで計っています。どの辺が、切断個所にふさわしいのか・・・メジャーが見えなくなっている所に、電ノコの歯が、45度の角度からスイッチを入れると同時に出て来るように成っています。曇ったアクリルの窓の中がそうです。


金色の美しい棹が小さなハウスに入りました。そして、アクリル越しに見ますと、円い電ノコの歯が棹に入りました。ちょつと分りにくいかも知れません。


旨く切れているか、切り口の確認をされてます。一応、粉塵を吸わないようにマスクをされてますね。


再び切断です。今切っているのは、額縁の長い方の棹です。

BACK
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
TOP/まえがき/サム/情報/更新日記/お客様の声/編集後記/アンケート
ティンガ2村/商品一覧/あとがき/自己紹介/タンザニア/額装手順
額縁HP店/Q&A/Christ/訪販法規/掲示板/rink/世界の美術館
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
© Copy right 2001-07 INPIC KIKAKU All rights reserved.