あとがき
タンザニアの絵画を初めて見られる方もそうでない方にも、何故私がわざわざアフリカのタンザニアからティンガティンガという絵を皆さんにご紹介するのか?
その事を少しばかり、お話致します。

地球には、どうしようもない、解決出来ない問題が山積しています。
自分の将来の生活も心配で仕方ない現代の日本の状況ですが、明日食べる物をわずらう人々もこの地球には存在している事を思えば随分幸せであると考え直す事も出来ます。

それで当り前の事ですがタンザニアの人達は、日本人と比べて野蛮かというとそうではなく、非常に勤勉で我々と同様、いや我々以上に幸せになりたいという思いで一杯です。
ただ、彼らの生まれた環境というと植民地支配された歴史の中で自立する力を抑圧されたような時代背景があり、運が悪かったといえばそれまでです。また日本のように四季の移り変わりはなく、しまる所の無い厳しい自然も彼らには大変かとも思われます。

しかしそれとは逆に敗戦国家であるお国柄であるにもかかわらずここまでインフラ整備が整い識字率100%、海外の何処へ行っても同じ国の観光客がいる恵まれた日本です。双方を比べると、同じ地球上に住む人間?なのでしょうか・・・少なくとも先進国の人々は、ストリートチルドレン、エイズ患者、餓えてやせ細った子供達、自爆テロで大怪我をした方や死人などを、日常茶飯事、TVを通してとくと見つめているはずです。

TVでリアルタイムに地球の裏側で今なにが行われているのかを知るのは容易です。紛争、飢餓、災害・・・これらは作られた映画以上に現実的で残酷です。しかしいつの間にか私たちはその事に慣れてしまっています。これは誰でも一度は考えた事のある内容でしょう。

画家MALIKITAさん
彼らの欲する物は何かと自問自答し、誰かと議論もした経験がおありではないですか?そして実は物質的援助のみでは何も解決はなされないと答えを出された事は無いですか?
本当に彼らに必要なのは自分で何とかしようとする自立心、そして自助努力する実践ではないかと気が付きます。物乞いする事を助長させるのではなく、ビジョンを描かせてそれを達成させるための努力を、身をもって教えること・・・そんな地道で人生をかけた薫陶教育が必要ではないかと、これはあくまで一つの答えであり全ての結論という事にはなりませんが間違っているとも言えません。・・・だからどうということではありません。

それでここに紹介しますティンガティンガに対しては、無闇に紹介するのではなくいいものはいいと評価しそうでないものはそれなりの評価をして彼らティンガティンガ村の画家の自立を援助できればと考えています。

しかし、現実にはどうなるかは私にも分りません。
こうしたいと自分が思うだけの事ですから。続くかどうかも分かりません・・・最後まで行けるかどうか?・・・・ただ・・・私は中国で大昔、猿之了凡(えんのりょうぼん)という方がおられ小さな小さな徳を毎日々コツ々と積んで一生を終えられたのですが、こういう生き方もまた素敵であると極自然に思った事がありました。
 
 あ、話がそれてしまいましたね・・・すいません。それでですね、生まれた環境、経済的背景の違いというものでは、日本とアフリカでは、すごく落差があります。ですがこの落差が実は非常にありがたい恵みを与えてくれるような気がしています。どういう事かといいますと例え話ですが、水がそうです。
水は低い所へ、低い所へと流れるようになっているでしょう?
山頂で降った雨が川に流れてやがて海に到達する、そして、その水は蒸発して雲になりまた、雨を降らす。
ここに、循環作用を見出す事が出来ます。

お金の流れも、そのように、ある者は、無い者のために使うことが出来れば、世の中がうまく行くようになるでしょう?
この村にいつの日にか、光が見えますように・・・
ティンガティンガ村の中にあるマコンデ彫刻
ただ、貯めてばかりでは、社会が停滞するという事を考えられた事はないでしょうか・・・・?水は流れず溜まるといつかは腐るのです。誰もがそんな事は知っていますし例えにも使われるのをよく耳にします。行動を起そうとしない人もいますが私は少しだけ若い力が燻っていたのかも知れません・・・そして袋小路の中で蹉跌を感じていたのではないでしょうか。

しかしそれにはそれなりの努力は充分必要な事は良くわかっているつもりです。
でも20世紀の最後になりインターネットが普及しはじめましたよね。TVで一方的に相手の国を見ているだけの世界ではなくなりつつあるのです。双方向的な物流が行き来するあたらしい循環作用が実現できるようになりはじめたのです。新しい21世紀は世界の南北問題を解決できるチャンスを与えられたと、そのように解釈してみれば、インターネットを使い、ゴール出来るのは結構速いのかも知れませんよね。ゴール?ゴール!・・・ゴール?!

読まれたあなたはどう思われますか?
(初筆2001年4月1日、改筆2008年11月13日 HIRAOKA)
まえがき
ティンガティンガ絵画-サムネール目次へ!
TOP/まえがき/サム/情報/更新日記/お客様の声/編集後記/アンケート
ティンガ2村/商品一覧/あとがき/自己紹介/タンザニア/額装手順
額縁HP店/Q&A/Christ/訪販法規/掲示板/rink/世界の美術館
© Copyright 2001-12 INPIC KIKAKU All rights reserved.