目次/0/1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/
24/25/26/27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37/38/39/40
更新日記あれやこれや目次へ
◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◇
訪問ティンガティンガ村に向けて(No3)
エミレイツ航空の機内では、朝食にはまだまだ早い時間なのですが、それでも機内食が出されました。
深夜3:20に乗り込んで間もなく朝食というのはないですね・・・夜食ですねこれは。・・・・・・・・・・ところが、3時間〜4時間くらいでまた食事です。ゆっくり眠ってる暇はありません。(こんなサービスもまた、サービスなのでしょうか?)

AM7:20にドバイ(アラブ首長国連邦の一つ)に到着して、トイレを済ませ、お世話になる方たちにお土産を買いました。

そこはスーパー?コンビニ?ですか、色々な物が置かれてます。昨日、シンガポールのターミナルでお土産を探して回りましたが、これというものを見つけられず・・・疲れてお茶を飲み眠ってしまったわけですが、これでやっと落ち着けます。それにしても、ここドバイの空港内・・・先ほどから目に入る壁に掛けてある時計・・・・ロレックスとあります。いたるところにかけてある柱時計といいますか、腕時計といいますか、私にはとても贅沢なブランドでしょう?それがあちらこちらにあるのが不思議に思えて、何度も何度も見ているうちにおかしくなってきました。

・・・・イスラム教を信仰するアラブ人達の姿がなんだか多くなって来ました。
エミレイツ航空の夜食です
そして今はAM8:10発のナイロビ行きの飛行機に乗っています。

さっき搭乗したエミレイツ内のチュワーデスさんたちは、エジプトを思わせる人相の方たちでした。目のほりが深くしかも奥にだけではなく横にも・・・・そんなエジプトの白人女性でしたでしょうか?(ほんとうは何処の国の女性なのでしょう?)
今度は平凡な人相にガラリと変わりました・・・・と「日本人?」そう思われてもおかしくないスチュワーデスさんです。思わず尋ねていましたが残念です「コリア」だそうです。それにしてもどうしてこんな所で働いているのでしょうね?不思議でした。(国際感覚が欠如しているわたし…)

多くのお客さんたちは、ナイロビで降りて行かれ、残っている人たちは少なくなりました。それでも日本人男性らしき方もおられました。今度こそ、めざすダルエスサラームです。

ダルエス近くになると上空から見た景色からは、何のへんてつも無い私が育った故郷の広島と変わらないものでした。勿論、広島市内などはビル群であり、都会っぽい広島ですが、田舎の様子、山間(やまあい)の赤茶けた道、緑生い茂る山々などは、なつかしいといいますか、ほんと私が見て育った田舎と変わらなかったのです。そういえば暑い国ではありますが降る時にはいやというほど雨が降り、樹木には十分でしょうし、こういう自然が見れるのも当然ですよね。

赤茶けて国土が露出している所、そして緑生い茂るタンザニアが見えます。
ダルエス空港に到着するとセーターを着ていたという事もありますが、犯罪から身を守らなければ成らないという緊張感からも、背中が熱くなり・・・汗を感じていました。

イミグレーションです。なかなか通そうとしません。同行されているSさんが持ってきた、ダンボール箱に沢山入っている寄付用の新しいタオル・・・これが問題らしく、余分な関税でも取らねば成らないとでも思っているのでしょうか?(私も警戒感からでしょうか、疑い深くなりつつありました)・・・・しかし別の職員が来て通してくれたので「ホッ」としました。私の見たところでは、関税を取りたいのに取れない?人のよさ??・・・そう感じたのですが、本当の事は分かりません、憶測です。(ちょっと表現伝えにくいですね)

出迎えて下さった方々は、黒い顔に白い歯を一杯に見せて、満面の笑顔で迎えて下さいました。NGOのメンバーの方々でしょうけれど中にはイスラムの独特な帽子を被ったイスラム教の指導者もご一緒でした。とにかく、握手と笑顔「ジャンボ!」が挨拶です・・・・とにかく温かい明るい方々です。
・・・空港から宿泊施設までの間には沢山の露天商が道路沿いにあります・・・
02.3.7
◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◇


次はP12です
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
TOP/まえがき/サム/情報/更新日記/お客様の声/編集後記/アンケート
ティンガ2村/商品一覧/あとがき/自己紹介/タンザニア/額装手順
額縁HP店/Q&A/Christ/訪販法規/掲示板/rink/世界の美術館
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
© Copyright 2001-07 INPIC KIKAKU All rights reserved.