目次/0/1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/
24/25/26/27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37/38/39/40

更新日記あれやこれや目次へ
◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◇
訪問ティンガティンガ村に向けて(No4)
日本から、タンザニアへ渡る旅の不規則な生活から、日中に昼寝し夜中に目覚めるという具合です。(それで少しメモを取る事に)

「シャワーを浴びたらいいよ。」と勧められて入ったコンクリの部屋には、ひねろうとしてもひねられない水道の蛇口がありました。やっぱり・・・・本で読んでいた通りでした。確かに大きいポリバケツに水が汲んであり、その水を使って身体を洗うようです。使いすぎて顰蹙(ひんしゅく)をかった方が良い教訓を残して下さり、さいして驚く事も無いし、迷惑かけることも無く終わりそうです。ひしゃくに水を汲み取り、小さな洗面器に移して身体を洗います。タオルを使い、なるべく水を節約するようにです。

暑いから、水を身体に当てられるだけでもありがたいのです。ちょっと贅沢ですが頭も洗わせて頂きました。(勘違いされると困るのですが、後で分かったことです。実はちょっとダルエス市内に行けば、シャワーからいっぱい水を出して使えるんだとか・・・・車の修理工場を営むNさんのお話です。ははは、それを聞いて「え、ほんと?」と思いました。私が宿泊した雉豚山(きじとんやま)は、古風なのでしょうか?しかし・・・・シャワー使い放題というのは、ほんの一部の方達なのではないでしょうか?田舎はそういうわけにはいかないでしょうね。)
きれいでしょー!
断水でもしているようなタンザニアの水事情です。しかしそれにしてもこのバスタブ?バスは無いのでシャワールーム・・・シャワーもないので、ただのお風呂場ですか、綺麗にしてあります。とても綺麗好きですね。・・・でも、どうしたのでしょう?洋式便器の中の水は流れません。用を足して流せるはずの便器から、流れていきません?わずかに流れるだけです。後で理由を聞くしかないですね。

同じ部屋となったSさん、昨日の夜・・・日本から蚊取り線香を持参したみたいですね。置く所が無いから、ネクタイピンの入っていたケースの上に均衡を保ってヤジロベーのようにうまく置いて、さっさと横になりました。慣れてます、さすがです。こちらの香取線香は効き目が弱いとか・・・・私はそんな事を知りながらも、日本からは持参してませんでした。助かります、マラリヤには注意しないと。

窓には何処もそうですが、防犯対策用に鉄格子が水平状に入ってまして、さらに鉄線が魚を焼く網の目のようになり、さらにさらにもっと目の小さな網が張ってあり、これは蚊を防ぐ為のものでしょう。ドアは頑丈そうな造りでして、鍵も付いています。誰もが安心して休めます。ムイジィ(=泥棒)には注意ですから。

え〜と昨日食べた御飯おいしかったな〜・・・肉とトマトの煮付けが御飯のおかずで、こちらではこられたお客様に出してもてなす料理だったはずです。我々日本人には全く抵抗が無く、美味しく頂けました。しかしSさん、こちらの食事に飽きたらこれを食べるんだとかで・・・インスタントカレーを持参。彼は、ウガリ(地元の主食もの)に慣れないとか・・・。私は、最初から食べてみたくて・・・ウガリ・・・。(はじめて食べた時は、感動でした。これはどうも、食べたいと思って来た人の勝ちな様です。彼は準備する間もなく、最初に訪タンしたようでしたね。ですから、嫌いになってしまったのでしょうきっと)しかし、それでもやっぱり、そうバクバクと食べれはしません、あのウガリ。ははは。・・・・・
タンザニアの主食「ウガリ」です。
・・・・おや?と、今何時でしょうか?多分5時、やはり5時過ぎです。モスクから、聞こえて来ます。お経の歌ヤザーン(失礼!祈りの歌)です。低く地上から空中に上げられるような独特な声、リズムです。何故か慰めてくれているような、そんな気もしなくはないです。宗教の国ですね、タンザニアは。(いや、そうじゃなくて、日本が無宗教、無信仰な人が多いのであって・・・・タンザニアが普通だというべきでしょうか)そして鶏も朝の挨拶をし・・・日本だったら夏の終わりを教える鈴虫も、よく聞くと鳴いているのが分かります。「日本の30年前の様子だよ。」そう、よく聞かされましたが、実際に私もそう思いました。(2002.1.25)
02.3.21
◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◇


次はNo13です
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
TOP/まえがき/サム/情報/更新日記/お客様の声/編集後記/アンケート
ティンガ2村/商品一覧/あとがき/自己紹介/タンザニア/額装手順
額縁HP店/Q&A/Christ/訪販法規/掲示板/rink/世界の美術館
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
© Copyright 2001-05 INPIC KIKAKU All rights reserved.