目次/0/1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/
24/25/26/27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37/38/39/40

更新日記あれやこれや目次へ
◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◇
タンザニアのエイズキャンペーン
エイズに対する知識を得てもらおうとタンザニアのダルエスサラムから、様々な地域に・・・例えばアフリカの他の国などにも派遣されてがんばっておられる方々をご紹介したいと思います。

彼ら、彼女等は紙芝居ぐらいの大きいカードを何十枚も持って移動されておられます。そのカードには、エイズとはどんなものなのか?どうやって感染するのかといった事などが書かれてます。そうして、それを見せながら沢山集まった人々の中へ行き、話をしているのです。

このキャンペーンには多くの様々なNGOが協力しているのです。そしてその中の一つにFFWPUというグループがあり、彼らの宿舎に私は放タンしましたおりには、宿泊させて頂いたわけなのです。

場所はダルエスサラーム市内中心部より、20分〜30分のところにあるキジトンニャマですが、非常に分かり辛い所にあるため、タクシーの運転手さんでも、近くの大通り、つまりダラダラ(日本の中型マイクロバス)が走る通りまで出てあげないと迎えに来るには難しいのです。しかし、近所を散歩しても治安がよく、安心できるいい場所でした。というのも、FFWPUに好意的な近所に住む青年アシャカ君と何度か散歩して、わかった事なのです。
立ち上がりにお時間かかりますが・・・見たい方はクリックして下さい。
しかし、先ほどから面白い日本人にとって憶えやすい名前が多く出てきましたが、お分かりでしょう?例えば、キジトンニャマですが、これは雉豚山と日本語に置き換えられるわけです・・・また、ダラダラもそうです、子供達がペチャクチャおしゃべりしながらあっちフラフラこっちフラフラしながら帰宅する時に、親は子供に言いますね、「ダラダラ歩いて帰ると、遅くなるでしょ!帰るときには真っ直ぐに帰るんですよ。塾に遅れるんだから、もう。」・・・このダラダラですし、アシャカの名前はアを除けば、釈迦、お釈迦様の釈迦です。亜釈迦とでも言えばりっぱなお坊様のようです。・・・・このように、ほんと憶えやすいスワヒリ語、親しみやすいスワヒリ語なのです。

今年の3月にはサムソン・マッテテ君が日本に来て、研修を行うという事なのですが・・・彼とは随分と親しくなりました。何故って、「待ってて」なんて、名前だけで友達になれる感じしないですか?「サムソ〜ン、待ってて〜」という感じですよ。彼の名前の日本語での意味を説明して、おおはしゃぎしましたね。ボクシング好きで暇があるとトレーニングしている・・・そこで「タイソン・ウェイトゥ、ウェイトゥ=マッテテ、マッテテよ〜」なんて私も空手で応戦するわけです。
あちょー!
02.2.19
◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◇


次はP9です
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
TOP/まえがき/サム/情報/更新日記/お客様の声/編集後記/アンケート
ティンガ2村/商品一覧/あとがき/自己紹介/タンザニア/額装手順
額縁HP店/Q&A/Christ/訪販法規/掲示板/rink/世界の美術館
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
© Copyright 2001-05 INPIC KIKAKU All rights reserved.