目次/0/1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/
21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37/38/39/40
更新日記あれやこれや No.35へGO!
◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◇
里親
私はある時深夜放送を聞いていました・・・
何年前か忘れましたけど。

戦争当時、日本ではアメリカの空襲を受けて焼夷弾を投下され、逃げ惑う様相でした。その頃、子供を連れた母親が、逃げてきた橋の上で、家のことが気になり子供にここで待っているようにさとします。・・・それから母親は火事で燃え盛る方面にでかけたまま、帰る事はありませんでした。・・・待っても待っても母親は戻る事はありませんでした。
その後、のこされた子供は孤児院で育てられました。しかし時々家出を試みました。その子は、「ここで待っているんだよ。」と言われた橋の上に行くのです。そして母の言葉を思い出しながら、いつか迎えに来てくれるだろうと、ずっと立って待っているのです。・・・やがて居場所がわかり、孤児院の方が連れに来ました。そんな事を繰り返す孤児のお話でした。

このお話は、忘れられませんでした、私の心の中で・・・。

孤児院の子供です。
タンザニアでは、迷子のようにして彷徨(さまよ)い込んできた孤児をそのまま我が子のように育てるという方がいます。いや、という習慣があるのでしょうか?というより、当り前?・・・なのです。え?
先月「タンザニアを支援する会」の発起人である嶋洋子さんは、タンザニアを訪問されて、そういう事を聞いて何度も自分の耳を疑ったらしく、そのために何度も尋ね直したということでした。
もしそうだとしたなら、教師出身のニエレレ大統領時代のウジャマー精神(家族愛)がタンザニアにそんなオーラを掛け続けていたのかも知れません。
「タンザニアを支援する会」では、里親制度をわずかですが始めたそうです。10数人の子供達を大人になるまで支援しつづけるという事です。そのためのファイルも見せて頂きました。日本の援助者の写真と向うの子供達が同じ用紙にコピーされて、子供達の名前や住所が書かれてあります。隣には、子供達の描いた絵を見る事が出来ました。一人の子供に年間24000円の寄付をする約束をされているらしく、それはハッピースカイフルスクールで運用されるそうです。わずかですが、その費用は「タンザニアを支援する会」に賛同される地元尾道市や福山市の方々がご協力して下さるそうです。
服を里子に手渡しで・・・・
「タンザニアを支援する会」の嶋洋子さんと孤児院の少年です。
タンザニアでは、現在小学校が義務教育制度で運営されているそうです。今後は成績の優秀な子供がいればその子を優先的に援助の対象とし、上の学校まで支援したいということでした。
その他には「折り紙の会」が福山にはあり、小さな小さな会ですが老人ホームの慰問にはこれらを持参すると喜ばれるとか・・・・。今回タンザニアへは、金色の折り紙で制作した鬼の面や鶴などをダンボールで500個近く配り、大変地元では盛況であったという事です。タオルなども向うでは重宝(ちょうほう)がられ、1人々に手渡しで配られたということです。

今回は、やはり日本大使館の木村映子さん(「おしゃべりなタンザニア」著者)にお会いされたそうです。
お金での寄付は、注意が必要ですね。渡すと個人的に運用されることもあるということなのです。本当に現地で必要なものを買って届ける事も重要だそうです。それから、嶋さんはスタディツアーを考えられているとか。つまり、サファリパークで自然を体感したり、現地の方々との交流・・・などです。現地を実際に知るということがいかに重要か、ということですね。
いや実は私もそれはやってみたくて、ツアーに参加したい方を募ってお連れしたい・・・なんて考えていたのです。セレンゲティ、キリマンジャロ、マコンデ村、ティンガティンガ村、ザンジバル・・・何があっても保証ナシで。・・・^^;ははははははは。象に襲われたり、強盗に全部持ってかれたり、最悪の事態は予想して、自己責任で了解を得て・・・レッツGOー!なんて・・・・
中央に掲げられた写真が日本の里親、右が里子です。
「タンザニアを支援する会」の嶋洋子さんと孤児院の少女です。
それでも、タンザニア近隣諸国と比べると治安はずっといいほうであると思われます。
それで今回、「タンザニアを支援する会」にこちらのインピク企画より15万円の寄付をティンガティンガの売上より、させて頂きましたのでご報告させて頂きます。わずかではありますが、こちらで購入頂いたお客様方のご支援の賜物と考えており、感謝しても感謝してもし尽くせない喜びで一杯です。
ありがとうございました!
今後とも、タンザニアとの交流を厚く努力して参りたいと思いますのでよろしくお願い致します。m(_)m

拡大出来ます・・・
※「タンザニアを支援する会」から頂いた領収書です。


分からない事はお問い合わせ下さい。お答え出来る範囲内でお答え致します。メールをクリックしてお使い下さい。 
100g缶が素敵です! ☆ご訪問ありがとうございます!タンザニアの無農薬無添加コーヒーは、さっぱり味でわずかな酸味がほどよいのです。一度お試しあれ・・・・←←←。 2003.1.25
◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◇
更新日記interior-picture
(34)

次は「35」です
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
TOP/まえがき/サムネール/本紹介/更新日記/お客様の声/編集後記/アンケート
ティンガ2村/商品一覧/あとがき/自己紹介/タンザニア/額装手順
額縁HP店/Q&A/Christ/訪販法規/BBS/rink/世界の美術館
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
© Copy right 2003 INPIC KIKAKU All rights reserved.