目次/0/1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/…
30/31/32/33/34/35/36/37/38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/48/49/50/51
更新日記あれやこれや 新しいページへGO!
◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◇
ああ懐かしい…ザンジバルNo.2(ZANZIBAR)

青いシャツを着た案内人
ここは教会の地下室です。

そう、奴隷市場は教会に変わりました。

ザンジバルはもともと独立した国でしたが1964年タンザニア本土と連合国となりました。現在連合共和国全体の人口は3200万人です。本土アフリカ大陸からは、シーバスで数時間かけて渡ってきます。
-------------------------------------------------
カテドラル教会礼拝堂
港に着く時に、びっくりしました。ここは何処なんだ??ここが本当にアフリカ?未開の地?
それは全く違う景色が私の前に立ちはだかっていました。アラブ風の要塞、古いけれど壮観でスケールの大きい建物が港を覆っている姿に言葉は失われていました。

そしてここは…カテドラル教会の礼拝堂です。1873年〜1880年にかけて奴隷市場跡に建設された教会です。

-------------------------------------------------
説教台背後のレリーフ版
礼拝堂の教壇背後の中央にあるレリーフ版に細工された羊がライトで照らされていました。そして紀元前の歴史を神様と共に生きた聖書の登場人物たち…アダム、アブラハム…なども一枚々同じように光り輝いていました。
イスラム教徒ばかりのザンジバル島にあるキリスト教の教会の礼拝に、いったいどれくらいの方々が訪れるのでしょうか?
広い礼拝堂から、日曜日の午前の事に少しばかり意識をとられていた私です。

-------------------------------------------------

教会の床に眠るビショップ
ここに教会を建設した人が眠っています。
その方の名はビショップ・スティールさん。
おぞましい残酷な奴隷時代の怨念を慰めるようにここから祈りつづけておられるようです…


アラブの模様、その文化が刻まれた重々しいドア。その手彫りのドアに手をそっと置いて教会の説明を続けるガイドさんです。
-------------------------------------------------

荘厳な手彫りのドア
ザンジバルに渡って来る時に船上では初代ニエレレ大統領がVTRでお客さんたちの前に現れていました。…1964年1月、革命はここザンジバルから火の手が上がったはずでしたが、その後タンザニア本土主導の元でザンジバルは連合となりました。何処かに彼らザンジバルの人々の鬱屈したパワーが潜んでいるように考えたとしても不思議ではないような気がします。3日間で12,000もの人々が殺されたわけですから…

私は恐る々シーバスを降り、案内されるままにミスターザンジバルの後に続き、身を委ねるしかない私でした。
-------------------------------------------------

様々な文化が刻まれている
ここは偏西風によってインド洋からの文明を受け入れ、また、大陸アフリカからの文化のベースが当然あるわけですし、第一スルタン王時代は、グローブで大儲けをして誰も太刀打ちできない経済の繁栄を得て独自の路線を行き…そんな王権に不満を持った庶民のパワーは爆発したのです…その後、無頼漢となった島民をどうやって統制しているのでしょう?…恐怖政治独裁者カルメ…亡き後は絶対的な神を信奉するイスラム教がその吸引力となって彼らを従順になだめ治めて来たのでしょうか?
-------------------------------------------------

教会とザンジバルの青い空
…キリスト教とゴシックとアラブが一緒になった彫刻が施された荘厳なドアを青シャツのガイドさんは語ります。

…外に出るとその日のザンジバルは非常に晴れ々とした良い天気に恵まれ、観光するにはもってこいの日となったのです。
私はカテドラル教会の建物を庭から空に向かって撮影していました。
―――――――――――――――――――――――――

ご質問がありましたらお問い合わせ下さい。出来る範囲内でお答え致します。メールをクリックしてお使い下さい。2003.6.18 
◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◇
更新日記interior-picture
(44)

次は「45」です
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
TOP/まえがき/サムネール/本紹介/更新日記/お客様の声/編集後記/アンケート
ティンガ2村/商品一覧/あとがき/自己紹介/タンザニア/額装手順
額縁HP店/Q&A/Christ/訪販法規/BBS/rink/世界の美術館
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
© Copyright 2003-05 INPIC KIKAKU All rights reserved.