目次/0/1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/…
30/31/32/33/34/35/36/37/38/39/40/41/42/43/44/45/46/47/48/49/50/51
更新日記あれやこれや 新しいページへGO!
◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◇
ああ、ありがたい…テレビ新広島(TSS)「満点ママ」!

満点ママ司会
「棚田さん」
ああ、本当にありがたい、紹介でした。

それは2003年7月18日金曜日朝11時台の番組「満点ママ」テレビ新広島でのお話でした。司会は棚田徹さん…彼は1961年生まれ…(関係ないですネ)言った事も無いような「ティンティンガ」ネームを間違えもせず、ちゃんと説明して下さいました。お手製のポスターも、カメラがUP!ミムスも少し広島で有名になっちゃいました。
-------------------------------------------------
満点ママスタッフの方々・・・
「…アンケートを書けば抽選でなんと原画プレゼント…」と司会の棚田さんがいうと、向って左から森本久美子さん(え呉出身?)、古沢知子さん、波田健一(天気予報士、実は筋肉マン?)さんらがそろって「え〜!!!」と驚くところは良かった…脚本担当者の方、ありがとうございました!嬉しかったですネ、本当〜。
-------------------------------------------------
手作りのポスター断片
それにしても、ティンガティンガの事も説明下さり、何で書かれてあるのかも(エナメルペイント=ペンキです。)…(T_T)助かりましたm(_)m
本来TV局とは、スポンサーの巨額な投資により成り立っているもので、けして無額では宣伝してもらえないのが現実社会の厳しさです。それをこの局では無償でタンザニアの画家をとくとUPまでにしながら紹介下さったわけですから、すごい!
で、どれくらいの方がこれを見て展示会にご来場されるのでしょうか?ね?同時開催の榎木孝明さんがその後出演…国内スケッチの作品を披露させながら筆の里での開催を紹介!今夏、熊野町筆の里へ!来てねー(なんて)
この番組、月曜から金曜日まであり、今日は金曜日の週末情報…なるほど〜
-------------------------------------------------
あがってしまった中国放送(RCC)「ごじテレ」!

中村克洋、青山高治
雨の為、10分遅れで放送局へ入り、緊張気味の私は発言予定項目を5項目中、2項目で持ち時間30秒を終えてしまったのでした。^^;

ハスキーボイスアナ青山高治(たかはる)さんは「お父さん緊張しました?」と、愛の助け舟。「はい、緊張しました。(ホッ)」・・・息子にマイクは振られ「お父さん緊張してた?」「はい。」またたくまに、リハ終了です。
-------------------------------------------------

オジャジャモンデ
2003年度展示会出品作品
スタジオの外で17時半からの本番まで時間調整。
子供たちは、パソコンで番組紹介のHPを探索。…
何度か練習して言いたいことを全部時間内にと、念じつつ…本番。

太っ腹なこの番組、原画の持ち込みもOKだというので、誇り高き画家、オジャジャモンデの作品をカメラに向けながらトーク本番です。…今度は成功です。時間が余ってしまい、それではこの作品を…などとしどろもどろしているうちに時間切れ…(笑)
-------------------------------------------------

誇り高きエレファント
(原画91cm×91cm)
娘にインタビュー「この絵は好きですか?」「はい。」・・「どんなところが好きですか?」「?・・」、今度は一番下の息子に質問「…」二人とも答えられないで静かに幕は降りて行きました。
上がる父、無口な子供達…家族でありスタッフであると説明したわりには、たよりないローカルファミリーでしたが、どのように映ったのでしょうか?それでも、料理の先生から番組で使った肉の唐揚げを差し入れして下さり、子供達は大はしゃぎ…やれやれ。^^;
-------------------------------------------------

一文字弥太郎の週末ナチュラリスト
毎週土曜9:00〜10:45
RCCラジオ
RCCテレビでは残念ながら、プレゼント(無料招待券)は紹介しないことになり、ラジオ番組「一文字弥太郎の…」で紹介になりました。それでも、一文字さんの声は独特です。除々に広島の声として定着しつつある、個性派ボイス。すまなさそうに、お電話頂いたA(美人)ディレクターさんでしたが、私はこれはいけると思いました。テレビもいいけれど、ラジオでも彼なら十分にいけると踏んだからです。
―――――――――――――――――――――――――
月刊誌ぴーぷる、月刊誌TJHiroshimaへ掲載し若者にもアピール!

月刊ピープル、TJHiroshima
広島で宣伝して下さる雑誌社といえば、この二つが上げられました。一つは「月刊ぴーぷる」、もう一つは月刊「TJHiroshima」です。どちらも広島市中区に存在する会社ですが、フロントには若い女の子が対応して、とても好印象でした。TJHiroshimaさんは、表組のスケジュールに組み込んで下さり、また、写真まで掲載して下さったので感激しました。…月刊ぴーぷるに至っては、創刊者を知っており、彼女は月に何十冊も読破する為に本は部屋に残せず、ごみの日にほとんど真っさらな新刊を捨てていたということです…。その彼女は今どうしているのでしょう?
それはともかく、ありがたい2紙に感謝してます。
経済レポート、中国新聞ファミリーくまの版筆の里かわら版、くまの広報

経済レポート(週刊誌)
色々と掲載依頼をお願いしました…

皆さん快く許諾して下さり、大変助かりました。
ありがとうございました。
ご質問がありましたらお問い合わせ下さい。出来る範囲内でお答え致します。メールをクリックしてお使い下さい。2003.7.20
◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◇
更新日記interior-picture
(46)

次は「47」です
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
TOP/まえがき/サムネール/本紹介/更新日記/お客様の声/編集後記/アンケート
ティンガ2村/商品一覧/あとがき/自己紹介/タンザニア/額装手順
額縁HP店/Q&A/Christ/訪販法規/BBS/rink/世界の美術館
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
© Copyright 2003-05 INPIC KIKAKU All rights reserved.