目次/0/1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/…
60/61/62/63/64/65/66/67/68/69/70/71/72/73/74/75/76

更新日記あれやこれや 新しいページへGO!
◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◇
 画家MACHO「樹木とエプロン烏」
 (作品サムネ13-No295)

---------------------------------
  (Picture of TANZANIA)

マチョ…ティンガティンガ村では無くてはならない存在かもしれません。

時々面白い作品を手掛けてくれます。
今回公表します作品は、白と黒だけで描かれたものです。
やけにデザインっぽく収まりました…

こうやって画家自身が描こうとした時に描いたものが、とても良いのだと思えます。わざわざ制作依頼をするのではなく、出来たものを選ぶのです。
ふと壁に貼り付けられたこの作品を見ていて、HPでお客様に見て頂こうと思いました。2点の傷があるために控えていたのですが…。

アフリカの作品だから、もともと完璧なものなどありません。
そう開き直り、公開する事にしたのです。
傷があっても買ってきたかった理由が絵の中にあったので、どなたかが分って下さるのでは?と思い直したのです。

エナメルペイント画は、壁にでも貼り付けていないと、ペンキが割れて剥がれる可能性があります。だから、壁に貼り付けられていたのですが、眺めているうちに、絵の方から声をかけてくれるように感じるのです。「私のもいいでしょ〜」…そうですね。^^;
こんな感じで、剥がしてきてカメラに収めるのです…

感想などは、お客様にお任せします。
少しだけ、当サイトをご覧下さる方々がおられるので見て頂ければ幸いです…

 画家MACHO「樹木とエプロン烏」
 (作品サムネ13-No295)

---------------------------------
  (Picture of TANZANIA)
マチョの横顔…

マチョと出会って、沢山の彼の作品を購入して、ロールして持ち帰ろうとした時彼は、肩に乗せタクシーまで運んでくれたのです…懐かしい思い出です。
今頃どうしている事でしょう…

  画家田中一村「奄美を描いた孤高の画家」
 
(福屋広島駅前店 2004年4月16日〜4月25日)
---------------------------------
  (Picture of TANZANIA)

…新聞の写真を見る限り、1908年生まれの画家が描くものではないように見えます。

まさに時代を先取りし過ぎた前衛であり孤高であることが良く分ります。
描きたい風景を写真に収め、そして絵に換える…(憶測ですから信憑性はありませんのでご了承下さい)ありきたりな、画家にあってはならない怠慢な表現方法を、恥ずかしくも無く大胆に美しく表現している。

そこに皮肉もジョークも無いので面白くも何にも無いようです…しかし彼は美しさを単純に伝えたかったのかも知れません。美しさを自然の中から単純に切り取って誰かに見せたかったのではないでしょうか?

1908年〜亡くなる1977年までの間に、いったい何を考え何を伝えたかったのか?
全く不思議な画家が日本にいたものです…
一見する価値があるようですね。
Tanaka Isson…
(実はこのあと、行こうと思い行けず…こんな勝手なコメント書いて大丈夫かな…そう思いました。違っていたら御免なさい!2004.4.29)

☆血圧やドロドロが気になる方に特におすすめ新DHAプラス。 2004.4.17-05.8
◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◇
更新日記interior-picture
(72)

次は73…です
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
TOP/まえがき/サムネール/本紹介/更新日記/お客様の声/編集後記/アンケート
ティンガ2村/商品一覧/あとがき/自己紹介/タンザニア/額装手順
額縁HP店/Q&A/Christ/訪販法規/BBS/rink/世界の美術館
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
© Copyright 2004-05 INPIC KIKAKU All rights reserved.