目次/0/1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/…
60/61/62/63/64/65/66/67/68/69/70/71/72/73/74/75/76

更新日記あれやこれや 新しいページへGO!
◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◇
 アトリエにて「ジョージリランガ」
 撮影:ミスターキリマンジャロ 2004
 
---------------------------------
  (Picture of TANZANIA)
ジョージリランガが帰国しました…

海外に治療などにでかけて留守をしていたジョージリランガ氏が、タンザニアに帰って来られました…
彼は1934年生まれですでに70歳を迎えており、糖尿病を患い両足を切断して車椅子の生活をされています。
この写真では絵の下書きをしているところですが、完成の折には弟子数人に手伝ってもらいながら制作を続けている様子です。
現在はアメリカからの注文を制作しているところであるらしく…日本の皆様には、1枚だけ後々お披露目する予定です。

今年は岐阜県の美術館や三重県のマコンデ美術館でリランガの作品を展示されているようです。ある人の話では車いすなどは使わず、極めて健康だという方もおられて、真相が分らなかったのですが。今回ようやくこの事がはっきりしました。

 画集「ジョージリランガ」
 Produced by EAST AFRICAN MOVIES/
Editor Art in TANZANIA


---------------------------------
  (Picture of TANZANIA)
私が2003年に訪タンした際、購入してきましたジョージリランガの画集です。

ある本屋さんに立ち寄り、発見したのです…
すぐさま、レジに持っていくと、レジのおじさんは「これはいいよ。…うん。」そう念を押して本の良さをほんの一言説明してくれました…
国民的英雄リランガを誇に思うタンザニアの庶民から出た言葉だったのでしょうか?
それとも、売りたくて…。いや、そうではなかったと思います。

自然の発露だったのでしょう…
本屋のおじさんにもその才能は確かに評価されたリランガだったのです。

私は当サイトでジョージリランガを真似て描いたチャビチの作品を沢山ご紹介しましたが、ようやく本物を公開できそうです。
実を言いますと私は、40枚もの作品を描いてもらうようにタンザニアのパートナーを通して注文していたのです、無理だと承知で。しかし、パートナーは、どういうわけか、チャビチに描かせ送ってきたのでした。私は唖然としたのですが、仕方ないので当サイトで販売したのです。
中には「あら、リランガ(本物)のサインじゃないのね…」そういうお客様もおられました。また、リランガが何ものかも分らないで購入する方もおられ…とにかく様々でした。

受けとめ方は、千差万別、本物だと思われた方がおられたなら、お許し下さい。
リランガは、世界的アーチストです…
そう簡単には、40枚も取引に応じるものではありません。
ですから、今回リランガ氏はこちらに2枚の作品を提示してきたので、私は気に入った一枚を購入する事にしたのです。
それは素敵な作品です…日本の方がリランガをどれだけ認識されておられるのかは知りませんが、売れ残って在庫になるのは困るお値段なので、一枚としたわけなのです。^^;

ちなみに、ジョージリランガは自分の見る夢の中に現れてくるシェタニたちを作品にしているのです…調度、マコンデ族が彫る彫刻と同じです。それもそのはず、ジョージのお父さんはマコンデを彫るお仕事をやっていたのであり、それを見て後を継いだジョージがバチックなどのドローイングを手掛け、やがてティンガティンガ派のように、カラフルなエナメルペイントを使うようになったのです。

周りの人々に、エナメルペイントを使ったら?とその当時言われたと思いますが…アドバイスをされたその中の一人がマコンデ美術館の館長、水野氏であろうと思われます。

しかし、すでに彼リランガ氏は70歳…しかも、車イスに座り、弟子と共に描く姿を思い浮かべると…今後の制作される作品は貴重であることが良くお分かりでしょう。
私は、その絵が日本へ到着するのが少し楽しみである事は、理解頂けるのではないでしょうか。
 最高額落札ピカソ作品「113億円」
 (ニューヨーク共同-中国新聞他より)

---------------------------------
  (Picture of TANZANIA)

ピカソが24歳の時に描いたとされる初期の傑作「パイプを持つ少年」が5月5日、ニューヨークのサザビーズで、…113億円(1億416万8千ドル)で落札された。

1990年に8250万ドルで日本人に落札されたゴッホの「医師ガシェの肖像」を上回り、絵画としては史上最高額。落札者の身元や国籍について関係者は明らかにしなかった。

「パイプを持つ少年」は1905年作で、ピカソの中では「
の時代」と呼ばれる作風に属する。赤いバラの花輪を頭につけ青い服を着た少年が手にパイプを持った姿を描いたもので、背景には赤い色が使われている。米国のホイットニー家が所蔵していた。

一般的に知られるのは青の時代。
しかしここで落札されたのは赤の時代です。
…知りませんでした。
いったいどんな時代だったのでしょう?
 NYに専門ギャラリー「日本の伝統美術を発信」
 (ニューヨーク共同-中国新聞より)

---------------------------------
  (Picture of TANZANIA)
日本の伝統美術をアメリカに紹介する”発信基地”にしようと、ニューヨークに日本の芸術家の作品を専門に展示、即売する「フルッソ・ギャラリー」がオープンした。現代美術ではなく、伝統美術専門のギャラリーは初めてという。

開設したのは、金沢美大を卒業しニューヨークで活動中のアートディレクター、大西ななさんと、栃木県出身の版画家、君島龍輝氏。

アメリカでの日本の芸術に対する関心は高く、理解も深まってはいるが「意外にも伝統芸術の作品や技芸を発表する場がないのに気付いた」(大西さん)。

これを機にニューヨークの芸術の中心地、マンハッタンのソーホー地区にギャラリーを開いた。

イタリア語で「川の流れ」を意味する同ギャラリー。4月は初回の展覧会として、江戸時代と同じ材料と技法で刷り上げた浮世絵から、棟方志功、君島氏の作品まで木版画40点余りを展示。…「アメリカで活躍したいと望む若手作家の活動拠点にもしていきたい」と抱負を話している。
アメリカのようなイラクに対するやり方を賛成できるものではないのですが、しかし世界の主権を握っているような大国…車産業だけに限りません。芸術家もやはりアメリカに助けて頂かなければならない本音があるのです。
アメリカは芸術家をも発掘されるにはもってこいの自由な風土があるようです。
そこに日本人が売り込めるギャラリーが一つでも多い方がいいのに決まっています。画家を目指すならばアメリカのスポンサーを見つけて、思いっきり自分の作風を表現してみたいとこですよね。

日本人が日本人を評価するのは難しいところがあるのだけれど、アメリカ人から観た日本人の作品はまた、評価しやすいと思えます。
こんな窓口がアメリカにあれば芸術家にとって非常に助かりますよね…

インピク企画はこのサイトを通してタンザニアの芸術家を日本へ紹介しています。
日本人好みの画家が現れ、評価されるようになるといいのですが。

 サムネール14の為の「セイフの"昆虫ワールド"」
 (作品No.310より)

---------------------------------
  (Picture of TANZANIA)
セイフの昆虫の絵をご覧下さい。
カメレオンや蝶、バッタや花を可憐に散りばめたセイフの作品は、ティンガティンガ村B館では異才を放っていました。(B館の解説…参照HP:ティンガティンガ村)

ふとカメレオンを見るとザンジバル島で出会った時の驚きを彷彿とさせます。
しかし、絵画全体では淡い色彩に驚かされます…

本当に同じティンガティンガ村で描かれたものなのか?まるで水彩画のような世界ではありませんか??
その女性のような繊細美に戸惑うように原画の前に立ち止まった記憶が蘇えります。それは2002年の2月、暑い夏真っ盛りのタンザニアでした…

今回この大作をサムネール14で公開する事に致しました。
エナメルペイント画であるとは思えない…繊細なセイフの心情を森の昆虫達を通して現された作品です。


-------------ご意見ご感想お待ちしてます…メール下さい…

 サムネール14の為の「ジョナスの"草原病院B"」
 (作品No.315より)

---------------------------------
  (Picture of TANZANIA)
ジョナスの描く動物たちはマチョの描くものと比べると小さいのです。
マチョなどは、1匹の動物に自分の思いを込めて描くので、デザイナーのような点が見受けられます。

そしてマチョの描く作品は…家族で愛情を表現しようとします。しかし、ジョナスは村全体や、病院全体、社会をありのまま捉えます。

…ジョナスは御託を伸べずに前に々描き進みます…
これ以上描ききれないという、時点まで筆を進めるのです。
少し何かに取り付かれているように…です。

まず職人のような技やスピードがなければ食べられません。
お土産の為の作品を一生懸命に制作してきたはずです…
誰でも最初から天才なわけではありません。下積み時代が10年くらいはあるでしょう?
非常にアバウトな数字ですが、何処の業界でも"石の上にも3年"、"桃栗3年柿8年"、"プロになる為には10年必要だ"などといわれます。

私はジョナスから神業の領域に達する勢いを感じるのです。
そうして今回出来上がった作品が、"草原病院B"と""なのです。
いかがでしょうか、面白い作品ではないでしょうか…

-------------ご意見ご感想お待ちしてます…メール下さい…


☆血圧や血液のドロドロが気になる方に特におすすめ新DHAプラス。← 2004.6.14-05.8
◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◇
更新日記interior-picture
(74)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
TOP/まえがき/サムネール/本紹介/更新日記/お客様の声/編集後記
ティンガ2村/商品一覧/あとがき/自己紹介/タンザニア/額装手順
額縁HP店/Q&A/Christ/訪販法規/BBS/rink/世界の美術館
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
© Copyright 2004-05 INPIC KIKAKU All rights reserved.