作品「東アフリカの奴隷時代」です。
奴隷時代を想起したような作品です。お年寄りから昔の話を聞き作成されたものなのでしょうか?  奴隷商人から逃れて海を泳いで行こうとした奴隷も捕まってしまいました。象牙もお金になるので奴隷たちに運ばせているようです…

BACK / HOME / NEXT
拡大します
原画No.161(サム5)
画家:  ミキダディ(IDDI/画家の横顔
制作年: 2002年
作品名: 東アフリカの奴隷時代
大きさ: 縦72.5cm×92.0cm
原画: 100,000円(額付き、アクリルあり
ご質問: メール


ティンガティンガ村では、歴史をモチーフにした作品は珍しいです。ザンジバルでのオーマンのサイドド王時代をイメージして描かれたものかも知れません。
アフリカの方たちは、素直なので奴隷にされた…?そうどなたかがいわれましたが、私はいつもその事を考えます。人が人を殺す事なんて、とても考えられないアフリカの黒人は、抵抗するすべも無く命令され働かされるままだったのでしょうか?集団をまとめて指導する知識と実践にたけた人物がなかなか現れなかったのでしょうか。

断片的な拡大でさらに詳しく見て下さい。No.161奴隷時代(小)
さらに全体的に大きく、ご覧下さい。No.161奴隷時代(大)
画家に付いて知りたい方に…ミキダディ

額装済画像

この作品はタンザニアの歴史教科書に採用すればいいような趣があります。それで店長自ら、推薦しております。★★★★★


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
TOP/まえがき/サム/情報/更新日記/お客様の声/編集後記
ティンガ2村/商品一覧/あとがき/タンザニア/
/訪販法規/掲示板/rink/世界の美術館
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
© Copyright 2002-2015 INPIC KIKAKU All rights reserved.