タンザニアにあるティンガティンガ村を訪問しました!




since 2002
タンザニアへ来られたら、オイスターベイにあるティンガティンガアーツへお立ち寄り下さいネ。

日本語は喋れませんけどネ!
(1) (2) (3) (4) (5) (6) tingatinag-gallery


ティンガティンガ村の中庭そして通路(駐車場)を散歩していると、ビーズをつなげたアクセサリーや、首飾りを持ち売り販売している若者に出くわします。非常に熱心なので日本人なら「分かった、分かった」といって付き合いで買う人たちも多くいるかも知れませんが、私はティンガティンガにしかほとんど興味も無く、お断りしました。あとで気が付いたのですが、小学一年生の娘に買って帰ろうと考えていた事を忘れていました・・・・後の祭りです。それからのちにも、タンザナイトを「買わないか?」そう持ちかけて来た若者もいました。かなりの大きさでしたから、本物ならすごい、偽物ならひどく損をする事になる代物です・・・・。買うはずも無い自分でしたが、せっかくだから素人がクロオトっぽく鑑定してみました。そういうフリでしかありませんが、向うは緊張するはずです。・・・・どうも虹色に輝く様子も無く、偽物っぽい様子です。しかし、あてずっぽですから、あっているのかどうなのか分かりません・・・私もいいかげんでしょ?・・・・はははは。やっぱり分からないので丁重にお断りいたしました。

あまり長い間、館に閉じこもっていると、ペンキに含まれるシンナーの影響で頭がガンガンとまでもはいきませんが、少しばかりクルクル回ってくるような気がします。それにトタン屋根の影響もあり、中は非常に蒸し暑いのです。外に出たくなります。私がダルエスサラームに着いて、早朝に雨が降ったことは非常にありがたい事でした。乾期中は一滴たりとも、天は我々に恵んでは下さらない事を承知していたのですから。しかし以外にも与えられた恵みの雨・・・・・・・それもかなりの雨量でした。その影響で、お昼に近ずくに従い、館内は蒸し暑い、蒸し暑い・・・・・思考が少しずつ鈍るのが分かるので、長くは入ってはおれませんでした。
本館の画家です。 本館の絵画です。
午後も随分遅くなり、2時か3時でしたでしょうか、無くなったエネルギーを補給する為に、食事をとることにしました。ポテトがメイン、肉がおまけ、非常に短くした'そうめんカレー焼きそば?’も少し添えられている、そこのメインメニューです。このレストランは本館のすぐそばにある野外レストランで私が座れたのは白人の家族が食事を終えて去って下さったおかげでした。私はすぐにドリンクを注文してゆっくりしました。「ほっ」と一息です。そうしているうちに何処から来たのでしょうか?本館の長老ではなく、眼鏡をかけた別の長老が私の前に立っていました。「日本の方ですか?」「はい」どうやら、日本人をよく知っているようですね。「Mrシライシしってますか?」「はい、本を知っています」。彼はそれから名刺を沢山出してこられ、私に見せてくれました。水戸、岡山、九州、etc....随分と日本人を知っておられました。彼がここで一番の長老画家であることが分かりました。そこで早速、記念に写真を取らせて頂きました。彼の描きかけのキャンバスと一緒に。そして彼にも私のアドレスを渡し、私も彼の名前とアドレスをノートに書いて頂きました。多分、彼はこれまでにも何度となく、日本に招待されている画家なのでしょう。
(2002.2.5)
本館外にあるレストラン mkura氏

(4)
© Copyright 2002-06 INPIC KIKAKU All rights reserved.

花形ピアス イエロー【黒船屋オンライン】 花形ピアス イエロー
このアクセサリーは、黒船屋が直輸入で仕入れたレアアイテムです。黄色系の花形ピアス。デートやお出かけに!輸入小物、かわいい花の形をしたピアスです。
黒船屋オンライン